労務の視点でみた、新しい時代の人事施策(HR RUNNERS 第4回)

HR RUNNERSとは

「HR RUNNERS」は、HRの前線を走る第一人者からお話を伺う対談イベントです

HR施策には、「べき論だけではうまく行かない現場のリアル」はたくさんあります。
そんな中で、“これからの時代の働き方や組織の在り方”とは何なのか、
ゲストの方のご経験やお考えを伺いながら、HR部門と事業部分の垣根を超えて皆様と一緒に考えていきます。

第4回のテーマ

労務の視点でみた、
新しい時代の人事施策

ここ数年の働き方の変化、そしてコロナ禍を機とした在宅ワークの定着に伴い、求められる労務管理の方法も変遷しています。その様な状況下において、労務担当のみならず、人事部として持つべき「新しい視点」とは何か、そしてそれに伴い必要となる、労務的な視点で見た採用や育成のあり方など、第一回に引き続き、多く企業のリアリティを知るプロフェッショナルである野崎様をお招きし、様々な角度から話を伺います。

たとえば、こんなお話

  1. 今までの労務と、
    これからの労務
  2. 採用や人材育成において、
    必要となる労務的な視点
  3. 労務の視点でみた、事業部と人事部の新しい関係

第4回のゲスト

野崎友邦

HRの前線を走る第一人者からお話を伺う対談イベント「HR RUNNERS」
第4回のゲストは、野崎 友邦 様です。

HR Design Lab.代表 楠本 和矢画像

聞き手HR Design Lab.代表 楠本 和矢

野崎氏は、労務をはじめ事業部門でのご経験も豊富であり、人事施策を多角的な視点から日々研究され、ご活躍されています。ここ数年の「働き方」の変化に伴う従来の労務管理の限界や、在宅ワークにおけるオンボーディングは本当に上手くいっているのかなど、野崎氏のホンネをどんどん引き出していきます!

のハナシを聞く

無料!参加申込はこちら!

開催概要

開催日程2020年9月15日 (火) 15:00~16:00 (オンライン接続開始 14:55~)
トークテーマ労務の視点でみた、新しい時代の人事施策
対談ゲスト株式会社ミナジン 取締役副社長 野崎 友邦 氏
会場

オンライン開催/Zoomの使用を予定しております
※参加申し込み頂いた方へ、アクセス用URLをメールにてお送りします

登壇者
プロフィール

野崎 友邦画像

野崎 友邦

株式会社ミナジン 取締役副社長

慶應義塾大学卒業後、株式会社京都銀行に入行し、約10年間、法人融資営業、新規顧客開拓に従事。その後、株式会社ミナジン(https://minagine.jp/)入社。営業部部長、管理部部長などを歴任した後、取締役就任。現在はHRクラウドシステム部門、顧問サービス部門の事業部統括を行い、システムと人事のプロを組み合わせたサービスの構築、事業提携などを通じて、企業の人事労務課題の解決を推進している。

楠本 和矢画像

楠本 和矢

HR Design Lab.代表博報堂コンサルティング 執行役員

神戸大学経営学部卒。丸紅株式会社で、新規事業開発業務を担当。外資系ブランドコンサルティング会社を経て現職。これまでコンサルティングプロジェクトの統括として、クライアント企業に深くコミットするアプローチのもと、多岐にわたるプロジェクトを担当。現在は、HR Design Lab.代表として、「マーケティングとHR領域の融合」をテーマに、現場での実践に基づいた様々なHRソリューションを開発提供。特に、組織の創発力強化・生産性向上を目的とした取組みに注力。

のハナシを聞く

無料!参加申込はこちら!

https://www.lancers.jp/file/message/24144963