1. HOME
  2. コラム
  3. 【新刊発売のご案内】「トリガー 人を動かす行動経済学26の切り口」

【新刊発売のご案内】「トリガー 人を動かす行動経済学26の切り口」

【新刊発売のご案内】「トリガー 人を動かす行動経済学26の切り口」

~お客様の「買いたい!」の引き金を引くために~ 著:楠本 和矢

HR Design Lab.代表 兼 博報堂コンサルティング 執行役員の楠本和矢が、書籍「トリガー 人を動かす行動経済学26の切り口」を出版いたしますのでお知らせします。(また、同書籍の出版を記念し、11月26日に無料セミナーを開催いたします。この機会にぜひお申込みくださいませ。)

今、最もホットなビジネス理論の1つである「行動経済学」
しかしながら、その注目度に反して、ビジネスプラニングの表舞台に上がってくる機会は決して多くありません。
この学問に興味を持ったビジネスパーソンからも、いかに「転用」すればいいかわからず、活用を断念したという声をよく聞きます。
その主な理由は以下の3つ。

1言葉が難しいから
2体系化されていないから
3検討フレームワークになっていないから

こうした課題を解決し、行動経済学をマーケティング領域で実践的に活用するためのエッセンスまとめたのが本書です。

行動経済学の基礎についての説明を行うほか、各理論を目的別5カテゴリーに分類し、26の切り口として整理。アナロジカル・シンキングを使って、現場で使える施策に落としこむまでを順を追って解説します。

理屈だけでは突破できない昨今の成熟化社会において、生活者の感情的、非論理的な判断や選択のメカニズムを説き明かし、それを逆手に取った攻略法、いわば「心のスキ」を突く手法が、まさにこんな時代における事業戦略やマーケティング戦略を考える上での一つの突破口になり得るはずです。
本書が、読者の皆さまが新たなマーケティング施策アイデアを創発する際の、一助になれれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

【目次】
はじめに
■CHAPTER1 マーケティング戦略と、行動経済学との距離感
■CHAPTER2 行動経済学をマーケティングにつなげる26の切り口
・効率良く「好感認知」をつくるための5つの切り口
・新たなニーズを創るための7つの切り口
・魅力的なものに見せるための5つの切り口
・購入ストレスを低減するための4つの切り口
・自然に継続させるための5つの切り口
■CHAPTER 3 「26の切り口」を使って、マーケティングアイデアを創出する方法
・アナロジカル・シンキングとは
・「26の切り口」を基点とした、アナロジカル・シンキングの手順
・シミュレーション・ワーク
おわりに

価格:1600円(税別)
出版社:株式会社イースト・プレス
amazonでのご注文⇒
https://www.amazon.co.jp/dp/4781619282/

《セミナーのご案内》
「トリガー 人を動かす行動経済学26の切り口」出版記念セミナー
https://hrdlab.jp/seminar/at/

本セミナーでは、この度刊行しました書籍「トリガー 人を動かす行動経済学26の切り口」の内容と、セミナー独自のコンテンツを交え、行動経済学をマーケティングに落とし込むための重要なポイントをご紹介いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
開催日時:  11月26日(木)13:00~15:00
会 場 :  オンライン開催/Zoomの使用を予定しております
※セミナー前日の正午までにアクセス用URLをメールにてお送りします
講 師 :  楠本和矢(HR Design Lab.代表 兼 博報堂コンサルティング 執行役員)
定 員 :  50名(※1社あたりのご参加は原則3名様まで)
参加費 :  無料
実 施 :  HR Design Lab. (株式会社博報堂コンサルティング)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

関連記事

https://www.lancers.jp/file/message/24144963