本当にできていますか? 論理的に考え、論理的に話すこと。
ビジネスを円滑に進め、相手に一目置かれるための必須スキルとして。

実践型 ロジカル・スピーキング研修(公開型)~ 相手に認められる最短距離は、論理的に話せること。 ~

講師:柏木望  定員:20名

7月7日(火)・14日(火)13:00-17:00  
個人参加可能 / オンライン開催

本セミナーでは、
オンライン形式(Zoom使用)で行います

「ロジカルに話せること」、そして「ロジカルだと思われること」は、
ビジネスを円滑に進めるために、そして周りから認められ、
順調にキャリアを歩むために非常に重要なスキルです。

とにかく「ここさえ押さえればOK」というツボを徹底的に鍛錬し、
明日から現場で使えるような、再現性のある
ロジカルコミュニケーションスキルを会得頂きます。

   

“本研修の3つの特徴”

  1. 「実践的なノウハウ」がベース
    概念論のみに終始せず、すぐに現場で使えるノウハウを凝縮しています
  2. 相手の「ホンネの感情」を前提とした技法
    正論だけでは動きません。相手がどう捉えるか?これを出発点としています
  3. 詳細な「話し方のコツ」まで網羅
    どう話せば「論理的な人」と思われるか。詳細なコツにまで踏み込みます

一生懸命伝えているのに、聞き手の納得・共感が得られない…

熱意を持って、自信のある内容を提案したはずなのに、なぜか理解されず、賛同が得られない。上司に報告を求められ、細かく説明をしたはずなのに、よく分からないと言われてしまう。そんな歯がゆい経験はありませんか?それは相手の理解力が…、と思ってしまってはその状況は解決しません。あなたの話し方に課題があるのです。「つまり、どういうこと?」このように思われることで、聞き手・話し手の両者にとって時間のムダとなれば、あなた個人としても企業・組織においても大きな機会損失を生みます。そして何よりも、あなた自身のビジネスマンとしての印象までにも影響を及ぼします。

「ロジカル・シンキング」は、話す場面でこそ必要とされる

一生懸命話しても伝わらないという状況は、すぐにでも改善できることが望ましいです。しかし、相手に伝わる話し方は、決して闇雲に経験値を積めばいいというものではありません。複雑なことを複雑なまま伝えるのではなく、相手がわかるように整理して考える、そのためには「ロジカル・シンキング」の技法が重要になります。よく聞く概念だけど、何となく小難しそうで、自分にはあまり関係がない気がする・・、そう捉えられがちなものですが、この技法の習得無くして、話し方は変わりません。演繹法や帰納法といった考え方をしっかりと身に着け、自らの考えを論理的に整理することで、説得力のある主張ができるようになります。

ロジカル・スピーキングは、人を動かすための必須スキル

ここまででお伝えしたように、ロジカルシンキングの技法を活用して論理的に整理することは、わかりやすく話す上での大前提となります。この技法を身に着けたうえで、話手であるあなた自身の”人間味”をプラスして伝えることで、最終的には「自分の意図を的確に伝え、相手を意図通りに動かす」ということが実現します。本プログラムでは、明日から現場で使えるような、再現性のあるコミュニケーションスキルを会得頂きます。一度は耳にしたことのある(けどハードルの高い…)「ロジカルシンキング」を、私たちHR Design Lab.では、どこよりも分かりやすくお伝えする自信があります。是非ご受講ください。

“本プログラムをご受講いただきたい人”

開催概要

開催日程 2020年7月7日(火)・14日(火)13:00-17:00 (受付開始 12:50)
会場 オンラインにて
講師 柏木望
定員 20名 ※お申込み多数の場合は抽選とさせていただきますことご了承ください
参加費 38,000円(税別)
実施 HR Design Lab. (株式会社博報堂コンサルティング)

講師プロフィール

柏木 望
柏木 望かしわぎ のぞみ

HR Design Lab.
(HRデザイナー/アカウントリーダー)
新卒で入社したITベンチャー企業にて、クラウド型の業務支援サービスの営業に従事。
1年目で新規開拓営業を経験の後、2年目以降は導入支援/アップセル営業を担当。
自社システム導入後の顧客へ、旧システムからの移行・業務フローの改善提案と運用フォローを行う。
システムを活用することでの、業務効率化・従業員の負荷軽減の提供を行う一方で、企業の成長には、社員の成長・教育の場が重要だと感じ、博報堂コンサルティングへ転職。
現職では、人材育成事業において、研修の企画開発・営業・講師をワンストップで担当。
企業の組織内での、コミュニケーション形成や戦略構築の場において、ワークショップの設計及びファシリテーターを務める。

       

アジェンダ(学びの内容)

『実践型 ロジカル・スピーキング研修』アジェンダ

現場での再現性にこだわった、ロジカル・スピーキングの技法をお伝え致します

DAY1
Session0 イントロダクション
  • ロジカルに考える・話せることの意義
  • 論理的とは?
Session1 ロジカル・シンキングの基本的技法
  • 演繹法(法則を用いて、相手を説得する)
  • 帰納法(事例を用いて、相手を説得する)
  • ロジックツリー(切り口」を用いて、分析/検討を行う)
  • ピラミッドストラクチャー(説得/納得のために、主張・論拠・補足説明を整理する)
DAY2
Session2 ロジカル・スピーキングの基本的技法
  • 相手の意図を掴める
  • 論理的に話の構成を組める
  • 相手を”聞く”モードにできる
  • 「骨格」に肉付けができる
  • 簡潔に話すことができる
Session3 総合演習
  • 3分間スピーチ実践
       

このセミナーを経て、あなたに実現してほしいイメージ

「論理的に考え・整理する」技法と「“人間味”を織り交ぜ、納得・共感を得る」技法を
会得することで、効率よく的確なビジネスコミュニケーションができ、
周囲からの信頼を獲得できるようになっている

受講者の声

毎回、受講者の皆さまからたくさんの満足の声を頂戴しております

話し方で印象も変わる。早くこのような研修を受けるべきだった

自分の言いたいことが伝わらない場面があり、早くこのような研修を受けるべきだったと思う。話し方で印象も変わるので、自分の悪いクセを改善したい。

通信

魅力的な話の作り方、伝え方を体系的に学ぶことができた

話の基本構成・より共感を得る魅力的な話し方を体系的に学べたた。「○○社さんの話は分かりやすいな!」と言われるよう、部署の皆で取り組んでいきたい。

食品

楽しく勉強でき、更に改善点を聞ける。即実践できる内容

講師の方からもだが、グループワークを通じて、他の参加者からも様々な視点でフィードバックが貰えて勉強になった。明日から、仕事で即実践できる内容だった。

運輸

実践型 ロジカル・スピーキング研修(公開型)お申込みはこちら