「イノベーション人材の育成」と「導入可能な事業プラン」の両方を実現。
HR Design Lab.にしかできないハイブリッドプログラム

「社内で進める新規事業開発支援」 無料説明会~ 新規事業開発に関する一連プロセスの側方支援プログラム ~

講師:楠本和矢  定員:50名

7月3日(金)10:00~12:00  

※新規事業開発に関する課題感、お悩みをお抱えのご担当者様に向けた構成です

本セミナーは、オンライン形式(Zoom使用)で開催します

昨今のデジタル化の進展による社会や市場構造の変革に伴い、多くの企業でテーマとなっている新規事業開発。
博報堂グループならではのクリエイティビティとプロジェクトデザイン力、
あらゆる業界のクライアントをリードしてきたコンサルティングファームの実践知を活用し、
事業創造プロセスの構築・運用を「側方支援」するプログラムです。

「期間内でアウトプットをきちんと出し切らせたい」、
それと同時に「再現性のあるスキルを残したい」という企業の方に大変マッチしています。
導入事例も多数あり、説明会の中でご紹介致します。

   

“”

  1. 豊富なプロジェクト実績に由来する「実践知」
    これまでコンサルタントとしてご一緒してきた、新規事業実例のエッセンスが盛り込まれています
  2. リードするのはコンサルタントではなく「自分たち」
    我々が提供する方法論や事例からエッセンスを吸収頂き、新規事業リードのスキルを内製化されることを目指します
  3. 現場での再現を促すフレームワーク
    フレームワークや検討の型を豊富に用意し、現場での活用を促進します

多く寄せられる現場の課題、行き当たる壁

今や各企業の共通テーマとなっている「新規事業開発」。しかし、取組みが増加する一方で、次の様なお悩みをよく伺います。「社内公募はするものの、アイデア自体がそもそも集まらない・・」「メンバーに任せてみるものの、実行性のあるプランが出てこない・・」などなど。それらが起こる原因は、そもそも新規事業を進める土台が整っていないからにほかなりません。予め与件や人事制度などの“仕組み”の整備、進行において必要となる“スキル”の具備。この双方から準備を整えておかなければ、経験の無いメンバーに、いきなりプランをまとめ上げろというのは如何にも酷な話であるように感じます。

数多のコンサルティング実績に基づく、サポートプログラム

HR Design Lab.の代表的プログラムである「社内で進める新規事業開発」は、社内での当該取り組みを完結するための、一連のプロセスの構築・運用を側方支援するプログラムです。今まで弊社が同テーマのコンサルティングプロジェクトを通じて蓄積してきた、豊富な“実践知”を盛り込んで構成しているため、本を読むだけでは絶対に辿り着けない、リアルな成功のエッセンスに溢れています。各社が陥りがちな穴から、傾注すべきトリガーポイントまで掌握しているため、状況に応じた最良の手順・方法を示唆いたします。先進テクノロジーの活用例集など、保有する豊富なツールのご提供により新たな成果創出をお手伝いできることでしょう。

コンサル任せでなく、自分たちで興す新規事業

従来、コンサルタントがお客様に代わって様々なビジネスアイデアを考え、そしてビジネスモデルを成立させる、という進め方が主流でした。しかし、このやり方を続けていても本質的な解決にはつながりません。“これから”の新規事業の進め方は、自社内で新規事業をリードできる人材を育成し、継続的にプロジェクト進行を内製化していただく形です。真にイノベーティブな組織生成のお手伝いこそが、我々の本望です。そのため、再現性に重きを置いたフレームワークや、発想を促すツールなどを豊富に用意しています。これらを惜しみなく皆様にご提供し、最大限のバックアップを図ります。是非、内製化に向けた第一歩として本プログラムの採用をご検討頂けましたら幸いです。

“「新規事業開発支援プログラム」の主な対象層”

開催概要

開催日程 2020年7月3日(金)10:00~12:00 (オンライン接続開始 09:50~)
会場 オンライン開催/Zoomの使用を予定しております
※参加申し込みいただいた方へ、セミナー前日の正午までにアクセス用URLをメールにてお送りします
講師 楠本 和矢(HR Design Lab.代表 兼 博報堂コンサルティング 執行役員)
定員 50名
参加費 無料
実施 HR Design Lab. (株式会社博報堂コンサルティング)

講師プロフィール

楠本 和矢
楠本 和矢くすもと かずや

HR Design Lab.代表 兼 株式会社博報堂コンサルティング執行役員。
プロフェッショナルファシリテーター、ファシリテーター内製化コンサルタント、作家。
神戸大学経営学部卒。ファシリテーションを中心とした数多くの企業内研修や、クライアント企業内プロジェクトのファシリテーション業務も数多く担当するなど、名実ともに、日本トップクラスのファシリテーターという評価を得ている。
現在は、生産性向上、ファシリテーションをテーマとした各種講演や、多くのクライアント企業における人材育成のサポートと、実践知に基づく人材育成プログラム開発に注力。
主な著書に『会議の生産性を高める 実践パワーファシリテーション』『人と組織を効果的に動かすKPIマネジメント』『龍馬プロジェクト―日本を元気にする18人の志士たち』『サービス・ブランディング』など。

       

アジェンダ(学びの内容)

『新規事業開発支援プログラム』説明会

今まで弊社が同テーマのコンサルティングプロジェクトを通じて蓄積してきた、 様々な「実践知」をベースに構成したプログラムの説明会です。

Session0 イントロダクション
  • 社内での新規事業開発によくあるケース
  • よくある失敗ケース
  • その先に待ち構えている状況
  • 「失敗」を防ぐために必要となる考え方
Session1 「社内で進める新規事業開発」支援プログラム進行イメージ
  • 新規事業開発プロセス 全体像
  • ①情報収集フェーズ
  • ②アイデア創発フェーズ
  • ③ビジネスモデル化フェーズ
  • ④フィージビリティ調査フェーズ
Session2 社内で新規事業開発を進めるための事務局の役割
  • 事務局の役割
  • 進める前に、予め決めておかなければいけない5つのこと
  • 疎かにした先に、待ち構えている状況とは
Session3 
  • プロジェクト内での役割
  • ご提供できるスキル
  • 事例/経験者の声ご紹介
       

プログラムを通して、プロジェクトメンバーに実現してほしいイメージ

新規事業プロジェクト進行における然るべき手順や、
イノベーションを起こすための体系的な「スキル」を体得し、
具体的なビジネスプランの創造、およびプロジェクトをリードできるようになっている

受講者の声

「新規事業開発プログラム」を
実際に受講された方からのコメントを抜粋しご紹介致します

今まで経験したことのないアプローチで、大変有意義なものでした

アイデアを発想して議論し精緻化していくということについて、今まで経験したことのないアプローチで、大変有意義なものでした。できれば、上市するまで一緒に仕事をしたいと思いました。

化粧品

非常に大きな学びであった


自分自身で模索しながらでは成功事例と言えるレベルには到達できるチャンスはほぼないと感じることから、非常に大きな学びであった。実践に活かしていきたいです。ありがとうございました。

商社

開発業務に携わらないメンバーにとっては貴重な経験

普段、開発業務に携わらないメンバーにとっては貴重な経験だったと思いました。開発業務に携わっていてもこれほど自由に発想する事もなかなかできないので良い機会だったと思う。

食品

「社内で進める新規事業開発支援」 無料説明会お申込みはこちら