1. HOME
  2. コラム
  3. マーケティングに欠かせないKPIを正しく設定できていますか?

マーケティングに欠かせないKPIを正しく設定できていますか?

マーケティングの会議

KPIの意味や設定する目的とメリット、具体的な設定方法を解説

企業が着実に利益を出すためには目標設定が不可欠です。そして、目標を表す指標のひとつが「KPI」です。KPIを正しく設定すれば、企業の潜在能力が大きく引き出されます。そして、マーケティング戦略を成功に導きやすくなるでしょう。この記事では、KPIの意味や設定する目的とメリット、具体的な設定方法などを解説していきます。

KPIとは?何のために用いる指標なのかを理解しておこう

企業が目標達成のために設定する指標はひとつと限りません。

たとえば、「年間売上目標」を金額で設定したとしても、数字が大きすぎて具体的に達成へのプロセスをイメージできない従業員は多いでしょう。企業が順調にマーケティング戦略を成功に導き、売上を伸ばしていくには最終目標への過程も大切です。そして、最終目標へいたるまでに必要となる、中間的な指標が「KPI(Key Performance Indicator)」です。KPIは日本語だと「重要達成度指標」などの名称で表現されています。

どのようにKPIを設定する?基準となるポイントを紹介

最初に「KGIは(Key Goal Indicator)」を設定しましょう。KGIとは「重要目標達成指標」を意味する言葉です。すなわち、組織やプロジェクトにとっての最終目標であり、マーケティング戦略の成否を決める基準です。年間売上や利益率、課題に対する克服の度合いなどが多くのケースでKGIに設定されています。KPIとはあくまでもKGIを達成するための指標です。そのため、KGIから逆算してKPIを考えていくのがマーケティングの基本です。KGIが「新商品の売上」だとすれば、KPIは新商品に関する指標でなくてはなりません。

KPIの具体例!どのような部分がKPIになりえるのか

最終的なKGI達成に向けたプロセスで、KPIになりえる要素はたくさんあります。そして、それぞれの段階で求められる数値を設定し、具体的にKPIを決めていきましょう。

たとえばWebマーケティングにおいて、「新商品のサプリメントを1万個売りたい」というKGIを設けたとします。それならば、まずは販売サイトにネットユーザーを誘導しなくてはなりません。自然に自社サイトへの「1日あたりのクリック数10万回」といったKPIが生まれます。そのうえで、ページの閲覧を稼がなくてはならないので、「1日あたりのPV1万回」という指標を設けます。

期待した効果を出せる?企業がKPIを設定するときの注意点

気をつけたいのは「達成が困難なKPIを設定してしまうこと」です。KPIは短期的なゴールの集まりであり、それらを達成していくことでKGIにまで辿り着ける仕組みとなっています。それにもかかわらず、KPIで挫折してしまうと従業員のモチベーションは上がらず、プロジェクトそのものへの不信感が芽生えてしまいかねません。

KPIが企業を成長に導く際には、机上の空論を超えて従業員が一致団結しています。そのような心理状態へと至るには、小さな成功体験を繰り返し味わえるようなKPIを定めることが大事です。

 

HR Design Lab.では、すぐに現場で使えるリーダーとして
必要な考え方と技法を習得できるKPI研修をご用意しております。

HR Design Lab. KPI研修(企業向け)の詳細はこちら↓↓

真に実効性のあるKPI策定手法を学ぶ「KPIマネジメント研修」

お問い合わせはこちら

 

関連記事

https://www.lancers.jp/file/message/24144963