1. HOME
  2. コラム
  3. KPIはどのように設定すればいいか?具体例も交えて徹底的に解説します

KPIはどのように設定すればいいか?具体例も交えて徹底的に解説します

信頼し合う組織

KPIの設定について詳しく解説

企業がビジネスで成果を上げるためには、しっかりした経営戦略が必要です。そして、その方法はわかりやすく、社員が共有できるものでなければ効果を発揮しません。
ビジネスの目標を達成するために設定される指標として「KPI」」があり、さまざまな分野で活用されています。
そこでこの記事では、KPIを設定する意味やメリットのほか、設定方法についても詳しく解説します。

そもそもKPIとは?活用する意味やメリット

KPIは「Key Performance Indicator」を略した用語で、日本語では「重要業績評価指標」と訳されます。KPIはビジネスで掲げた最終目標までの間、途中の各プロセスが適切に進んでいるかどうかをみる、いわば中間目標の指標です。

ちなみにKPIに似た用語に「KGI(Key Goal Indicator)」がありますが、こちらは日本語で「重要目標達成指標」を意味します。どちらも経営戦略を考えるうえで大切な指標となる数値であり、その活用方法を把握しておくことが大切です。

KPIを活用するとき意識すべき「SMART」

KPIを設定するときに活用されるモデルとして「SMART」があります。
SMARTの「S」は具体的なという意味を表す「Specific」、「M」は計測可能なという意味の「Measurable」です。
「A」は達成可能なという意味の単語「Achievable」、「R」は関連したという意味を持つ「Relevant」、そして「T」は期限を定めたという意味の「Time-bounded」の頭文字です。

KPIの具体的な例を紹介!

KPIの決め方としては、企業独自のストーリーを考えることもポイントになります。
なぜなら、現状や過去の業績、成長率などが企業によって違うのはもちろん、業種やどの部門の業務に設定するかという点をとっても同じものはひとつもないからです。
たとえ似たような状況でも、目標をどのくらいに定めるかはその企業によって違います。そのため、活用方法の基本をおさえたうえで、独自のストーリーを構築し、目標を設定するようにしましょう。

KPI設定の失敗例から学ぶ

KPIは設定の仕方によっては思ったように効果を発揮しないこともあります。そうならないように失敗例を知り、意識しておくことも大切です。
たとえば、あれもこれもとGPI達成のための目標を細分化してしまうと、社員が追いきれなくなったり整合性がとれなくなったりすることもあります。

 

HR Design Lab.では、すぐに現場で使えるリーダーとして
必要な考え方と技法を習得できるKPI研修をご用意しております。

HR Design Lab. KPI研修(企業向け)の詳細はこちら↓↓

真に実効性のあるKPI策定手法を学ぶ「KPIマネジメント研修」

お問い合わせはこちら

 

関連記事