1. HOME
  2. コラム
  3. マネージャーの育成方法〜役割と必要なスキルを理解して成長を加速する

マネージャーの育成方法〜役割と必要なスキルを理解して成長を加速する

ファシリテーション

企業にとって、優れたマネージャーを育てることは重要なテーマです。マネージャーが機能していない組織では、チームの業務管理ができず、組織目標の達成や生産性向上を阻む要因になり得ます。
そんな組織にとって欠かすことのできないマネージャーが持つべきスキルと育成方法にはどのようなものがあるでしょうか。

マネージャーの役割

マネージャーの責任範囲は企業規模や業種などにより大きく異なりますが、マネージャーの一般的な役割は、担当組織を管理・統率し、会社から与えられた事業目標を達成することです。そのためにはチームの人員管理と人材育成、業務進捗管理、予算管理、リスク管理、意志決定などの権限を行使し、チーム全体の業務効率を上げる必要があります。
さらには、他部門や経営陣との交渉や調整業務、経営者の方針や会社のミッションをチームに浸透させることもマネージャーの大きな役割です。

マネージャーに求められるスキル

人間関係のトラブルを回避・解決し、部下が成果を最大限に出せるような働きやすい労働環境を作ることもマネージャーの仕事のひとつです。マネージャーは、高度のコミュニケーション能力やヒューマンスキル、評価測定能力などを有し、組織全体で成果を出すための人材マネジメントを行うことが求められます。また、組織を管理するうえで、業務上の問題点や課題を早期発見して的確に分析する能力や敏速に軌道修正をする判断力、メンバーを巻き込むリーダーシップも求められます。
このように、マネージャーには組織間の調整や部下の動機づけなどを含めた幅広い役割が期待されています。そのため、マネージャーに求められるスキルのひとつとして、ファシリテーション能力の重要性が注目されてきました。
ファシリテーションとは、会議などの議論の場で合意形成を図る技法のことです。また、会議のファシリテーターといえば、進行役のことを指します。効果的なファシリテーションができると、会議の時間短縮をはじめとした業務効率化と組織活性化が実現できます。

〈関連記事〉

マネージャーを育成する3つの方法

マネージャーを育成する方法は主に3つあります。それは、「OJT」「研修」そして「自己啓発」です。
ここでは、マネージャーを育成する3つの方法についてご紹介します。

〈マネージャー育成方法その1〉OJT

OJTとは、「On the Job Training」の略称で、仕事をとおして学ぶことです。
日々の業務の中で、上司や先輩から仕事を学ぶことになるため、特別な費用はかかりません。また、座学では学べない現場のリアルを学べるのも大きなメリットです。
上司や先輩に豊富な技能や経験がある場合、OJTは理想的なマネージャーの育成方法ではあるものの、教える側の経験値により学べることには大きなばらつきが出てしまいます。
また、上司や先輩に、ゼロから教えるほどリソースに余裕があるとは限らないため、研修や自己啓発とあわせて育成する必要があります。

〈マネージャー育成方法その2〉研修

研修とは、通常の業務を離れて、能力を高めるために学習することです。
一般的には座学がメインとなり、日常業務をとおしてだけでは学べない理論などを体系的に学ぶことができます。普段はあまり話すことがない同僚や社外の人間と交流を持つことでお互いに刺激を与え合ったり、新たな人間関係を作ることもできます。
しかし、研修を受けるには、普段の業務から離れる必要があるため、時間的な余裕がないという場合もあるでしょう。
現在は、会場で面と向かって受ける研修だけでなく、通信教育やeラーニングなど、どこからでも参加できる方法も増えています。また、録画型の研修であれば、時間を問わず受講できるのもメリットです。
マネージャー育成のために研修を受講する場合は、理論を学ぶだけでなく、実際の現場ですぐに役立つものを選ぶことをおすすめします。

〈マネージャー育成方法その3〉自己啓発支援

マネージャーを育成するには、マネージャー自らが学びやすい環境を作る必要があります。
企業が社員の自己啓発を支援するというと、一般的には金銭的な補助のことだと考えるかもしれません。しかし、金銭的な補助だけではなく、社員同士で学び合う場を作ることが大切です。
会社の風土として、自己啓発を行うことが当たり前になっていたり、学び合う場があったりすることで、お互いに刺激を与え合いながら高めていくことができます。
マネージャーを育成するには、自主的な勉強会には金銭的な補助や場所を提供するなど、自発的に学びやすい環境・風土を作りましょう。

マネージャーの育成ならこの研修!

マネージャーの育成は、どの企業にとっても大きなテーマのひとつです。
今回の記事では、マネージャーの育成方法として「OJT」「研修」「自己啓発」の3つの方法をご紹介しました。
どれかひとつを行えばいいということではなく、それぞれを組み合わせることで学びの効果が飛躍的にあがります。
我々も、マネージャー育成のためのさまざまな研修を行っています。
その中でも、人気No.1のプログラムである「ファシリテーション研修」では、会議を円滑に進行し、質の高い意思決定を促すだけでなく、組織をマネジメントし、そしてイノベーションを創出するためスキルを学ぶことができます。
マネージャーの育成方法にお困りの場合は、弊社の研修プログラムをご検討ください。

人気No.1のプログラム「ファシリテーション研修」

関連記事